バイアグラの基本的な服用方法

バイアグラの基本的な服用方法は?

ファイザー 
バイアグラは食事の影響を受けやすいと言われます。
このため、できるだけ空腹時に服用したほうが、効果が出やすいみたいです。
セックスの前に、まずは食事を、という場合、食後は2時間くらい空けてから服用したほうが良いでしょう。
バイアグラは性的興奮を促すものではなく、外部から性的な刺激を得ることで勃起しやすくする薬です。
彼女と一緒に食事した後は、二人でエッチなビデオを見るなどして、少しばかりリラックスしてからバイアグラを服用し、効果が現れ始めるまで待つのも良いかもしれませんね。
バイアグラは、服用してから30分ぐらいで効果が現れ始め、5時間〜6時間は効果が持続します。
このため、どうしても食後、セックスまで時間が空けられないのなら、食前のお腹がすいているときに、あらかじめ服用し、効果が現れ始める30分後に食事をすると良いでしょう。
食事は、脂っこいものはできるだけ避け、あっさりしたものを摂るようにします。
効果を十分に発揮させるには腹7分目ぐらいに食事量を控えるほうが良いでしょう。
お酒を一緒に飲む場合、飲みすぎると、効果が出にくくなる場合があります。
ただ、ほろ酔い程度の、適量のアルコール摂取はリラックス効果があり、効果を促進する働きもあります。

バイアグラの上手な服用方法は?

ファイザー 
バイアグラは、飲んでから30分から40分くらいで効果が現れはじめ、5時間くらい効果が持続します。
このため、飲んでから1時間経過すれば万全と言えるでしょう。
効果は5時間持続するのですが、血中濃度のピークは飲んでから1時間半くらい経ってからと言われます。
ということは、飲んでから1.時間後半前後が効果のピークということになるわけです。
できれば、こうしたタイミングを考慮すると、より効果を得やすくなるでしょう。
バイアグラを服用しても、あまり効果が得られない、という場合、大抵は食前・食後など、服用のタイミングが悪かったことによるものという、日本性機能学会の報告もあります。
はっきりとした効果を実感してみたいのなら、完全な空腹の状態の時に服用してみると良いでしょう。
また、効果が実感できない場合、性的な刺激が足りない可能性もあります。
バイアグラを服用するだけでなく、セックスの前には前戯なども行い、十分な性的刺激も得るようにしましょう。
普段の生活で、仕事などによるストレスがたまると、精子の数が減少し、これが性的欲求の減退にもつながります。
普段からストレスのたまらない健全な生活を心がけ、十分な性的欲求を感じることができるようにしておくのも、効果を十分に得るために大切なことです。
糖尿病や、極度の肥満、高血圧、うつ病などの治療薬による副作用で勃起不全となった場合、バイアグラ50mg 1錠では十分な効果を得られないケースもあります。
このような場合、医師の指示を得ながら50mgを2錠服用することで効果が得られるようになることもあるみたいです。

バイアグラの効果を実感するために

ファイザー 
バイアグラは、飲んでからすぐに男性自身が奮い立つ、というものではありません。
飲んでから30分くらい経つと、少し顔が突っ張ったような感じになり、鼻もややつまった感じになります。
頭痛まではいきませんが、少し頭がボーッとした感じにもなります。
こうした感じになるのは、効果が出始めた証拠と考えると良いでしょう。
何回か使用するうちに、バイアグラが効き始めてきたことが把握できるようになるでしょう
まだ勃起までは至らないのですが、効果が体に行き渡っている状態です。
この時点で、準備完了なわけで、後は、パートナーとの濃厚な時間を楽しむことで、男性自身も十分に能力を発揮してくれることになるでしょう。
飲んでいる事をパートナーに伝え、飲んだ後に十分な性欲を引き起こす工夫をすることも、効果を得るのに大切、ということも頭に入れておいたほうが良いでしょう。
性欲増強剤や強精剤などのサプリメントを日頃から摂取し、精力を蓄えるのも性欲を増強するための一つの方法です。

 

参考サイト: バイアグラは飲み方を工夫すればより効果が得られる

次のページ:女性を興奮させる言葉 

ページランク表示ツール